覚悟して参加する必要がある久々の同窓会

高校を卒業してから始めて参加した同窓会、皆に会うのは実に35年ぶりでした。

久しぶりに友達に会える楽しみ半分、どんな話題になるんだろうと不安な気持ちもありました。

同窓会の席で女子の中で話題になったのは、夫の職種や生活環境です。

同級生の中には、医者と結婚した女子がいるのですが、セレブな生活を送っている事の自慢話で一杯でした。

名門の私立学校に通っている子供、載っている車は高級外車、洋風の大きな持ち家、年に2回の海外旅行など、医者がどのくらいの収入があるのかは知りませんが、一般人の私達との生活の格差を見せつけられました。

それに、夫が高級取りだと、美容にいくらでもお金をかけることができるものです。

学生時代はパっとしなかったのに、ブランドファッションやアクセサリーで身を包んだ彼女はとても華やかに見えました。

同級生の生活環境というのは少なからず気になりますが、同窓会に参加して思っていた以上に同窓会 格差を感じました。

同窓会に参加するのは、いろいろな意味で覚悟が必要だなと思いました。